連携機能でより便利に!クラウドサインsalesforce版とは?

連携機能でより便利に!クラウドサインsalesforce版とは?

今回はクラウドサイン salesforceについて調べてみました。

クラウドサイン salesforce版とは?

握手する手とその上を走る人たち

クラウドサイン Salesforce版」を利用すると、Salesforceに保管された顧客情報を元に、契約締結業務をSalesforce上で行うことができます

クラウドサインSalesforceは、Salesforce上の顧客情報や商品情報などの情報から自動で帳票(秘密保持契約書、業務委託契約書、請求書、発注書、見積書、納品書等)を出力し、シームレスに取引先と契約締結完了することが可能になるサービスです。

そもそもSalesforceは組織の営業活動を円滑に行うための情報管理ツールです。引き合いを集めてその情報を入力し、ヒアリングを行って見込み情報が取れればまたそれを入力し、と各段階の情報を一つに集約することができます。

各工程を同じ人間が行っていれば、その人の中にすべての情報が集約されることになるので問題は出てきませんが、組織単位のセールスでは各工程ごとに担当者が別々になることもよくあります。その情報がしっかりと共有されていないと有益なセールス機会を逃してしまいかねないので、Salesforceで情報の集約を行うのです。

セールス管理なので、最終的には受注を目指すわけですが受注となったら契約書や同意書などを取り交わす必要があります。(場合によっては契約前でも何かしらの書類を取り交わすこともあります。)

その際、従来のオペレーションでは、社内サーバーのファイルから契約書ひな形を持ってきて、契約書案を作成し、社内で押印するための申請書も作成して、それをメールまたはワークフローシステムで法務部にわたす。その後先方にメールで送るというやり方が一般的だと思います。

クラウドサインSalesforceでは、Salesforceで情報管理をしつつ、クラウドサインとの連携ボタンを押すだけで契約書作成画面に移行し、手順にそって進めていくことで契約書作成から社内申請、先方への送付・締結まで完了してしまいます。

使用にあたってはSalesforceの画面からクラウドサインのアプリケーションをプラグインする必要があります。詳細な手順はここでは記載しませんが、特に難しいものではありません。

クラウドサインとの違い

一つだけ色の違う風船

契約書の作成、管理をクラウドサインで行うか、Salesforceで行うかの違いです。

いつも使っているSalesforceの延長線上で手間なく電子契約を締結できる、というのが一番のメリットです。
あっちのシステムを開いて、こっちのアプリを開いて、とあちこちにアクセスしなければいけない。というのは慣れていても結構なストレスがかかります。特に多数の顧客を管理しているなどの場合、顧客に関する作業や情報はすべて一つにまとめておいて「何をするにもそこにアクセスすればよい」という状態の方が業務の効率はあがるでしょう。

帳票作成
Salesforce上の顧客情報から、簡単な初期設定だけで、自動で帳票を作成・出力することが可能です。すでにSalesforceに入力されている情報なので、宛先入力のミスといったこともありません。また、勝手にあちこちに契約書を送ってほしくない。Salesforceに登録している顧客とでなければ契約のやり取りはできない。といった制限を設けることにも使えそうです。

契約締結
これはクラウドサインと同じです。
クラウド上で契約締結作業が完結しますので、紙の契約締結に必要な契約書の印刷、押印、封入、送付作業が必要なくなります。もちろん郵送代や印紙代もかかりませんので大幅なコスト削減が可能です。

契約書の保管・管理
締結された契約書はSalesforce上に保管されます。作成から保管までSalesforceで行えます。
いつでも検索・ダウンロードが可能です。

電子契約ですので、契約書の作成・印刷・捺印・送付などの煩雑な契約締結業務の効率化と印紙代削減などのコスト削減が可能になります。契約の相手方は、クラウドサインにも、kintoneにも登録する必要はありません。

クラウドサイン salesforce版の注意点

ペンを持つ手

当たり前ですが、salesforce版を利用するには自社でsalesforceを利用している必要がありますので、マーケティングツールで別のツールを使っている会社にはおすすめできないです。新たにsalesforceを入れる必要があります。

また、Salesforce上で完結するとはいえ、ベースとなるのはクラウドサインなので通常版クラウドサインで注意すべき点があることには変わりない(締結書類のインポートはPDFのみ対応なので、契約内容の変更・修正をクラウドサイン上で行うことはできないこと、契約内容はクラウドサインとは別の方法で社内外のチェックをうけてフィックスさせておく必要があること、プロジェクトや部署ごとにフォルダを作成して閲覧権限を振るという操作ができないこと、など)

クラウドサイン salesforce版の料金プラン

$マークの書かれた麻袋

クラウドサイン salesforce版の料金プランは以下のようになります。

基本年間送信パック
20,000円 / 社 / 年※100件まで。超えた場合には1パック20000円で追加購入

ライセンス料金
4,000円 / ID / 月※5ID以上

従量課金
20,000円※100件ごと

クラウドサイン salesforce版とは?|まとめ

今回はクラウドサイン salesforce版について調査してみました。

まとめると、

・クラウドサイン salesforce版は、Salesforceと連携して顧客との取引を管理しながら契約締結ができるサービス

・すでにSalesforceに入力されている情報なので、宛先入力のミスといったこともない

・Salesforceに登録している顧客とでなければ契約のやり取りはできない。といった制限を設けることにも使用可能

・月額費用は下記3つ
ー基本年間送信パック:20,000円 / 社 / 年※100件まで。
ーライセンス料金:4,000円 / ID / 月※5ID以上
ー従量課金:20,000円※100件ごと

・Salesforce上で完結するとはいえ、ベースとなるのはクラウドサインなので通常版クラウドサインで注意すべき点があることには変わりない

となります。